-

私たちが飲む飲料は、胃に対する刺激に大いに関わっているものです。飲料の中には、胃に対する刺激が強いものとそうでないものがあるのです。 例えばアルコールやカフェインが含まれている飲料などは、胃に対する刺激が強いものです。それらの刺激が強い飲料を摂取すると、胃の痛みにつながってくる可能性が大いにあります。したがってそれらの飲料をなるべく控えることなどは、胃の痛みの予防などにもつながってくると思います。 逆に胃に対して、良い影響がある飲料もあります。やや暖かめの水です。 そもそも水自体は、人間に対しては悪い影響が無いものです。むしろ良い影響があります。ただその水の温度が低すぎるのは良くありません。低い温度の水というよりも、むしろぬるま湯ぐらいの温度が胃に対して良いそうなのです。このため胃痛が発生した患者に対して、ぬるま湯による水分補給が推奨されることがあります。 このように飲料の中には、胃に対する影響が大きいものとそうでないものがある訳です。胃痛との関係を考えますと、やはりぬるま湯あたりが最も効果的だと思います。

Category

リンク