-

家具・インテリアに凝る人というのは、家にずっと居る人が多いのではないでしょうか。 私は仕事が多忙になってから家具・インテリアにあまり拘りが無くなりました。 以前はずっと部屋に居たので、家具・インテリアに拘るのが大好きでした。 壁紙、机、小物、鉛筆、メモ帳、ランプなどなど実に細かい部分まで凝っていました。 家具・インテリアに凝り始めるとお金がいくらあっても足りないのですが、 はまると実にやりがいがある趣味です。 この家具・インテリアという趣味の欠点は、家具・インテリアの嗜好が変わってしまったら 家具・インテリアを丸ごと買い替えたくなってしまうので、 お金が多大に掛かってしまいますし、以前利用をしていた家具・インテリアが 無駄になってしまうのでかなり勿体無い、という部分です。 私はなるべくお金を掛けずに家具・インテリア趣味を楽しんでいます。 想像の中で満足をしたり、家具・インテリア雑誌を見て満足をしたりしています。

Category

リンク